金物屋スタッフブログ

製作金物屋(かなものや)のホーム > ブログ > 建築金物用語 > グレーチング とは

グレーチング とは

 

建築金物・製作金物の柘進工業
建築金物・制作金物の柘進工業

 

グレーチングとは(英語:grating)、鋼材を格子状に組んだ溝蓋です。素材は様々で鉄、ステンレス、FRPなどで作られています。よく見かけるものとしては道路わきや、接続部にある排水路の鉄製の格子ふたなどがそうです。歴史は、1950年代造船に関わっていた技術者が、他国の船のデッキにつかわれていたのを元に、独自開発したものが始まり。そもそもは船用の部品だったのですが取り扱いの良さ、丈夫さ、水はけのよさに定評があり道路等で使われるようになりました。

 

その頃は金型を作り、溶けた鉄を流し込む鋳造式でしたが、重量が重い、生産性を上げたい、などの声からアップグレード。主部材にパンチプレスで穴をあけ、補助部材を組み込んでいく組工式(ステンレスのグレーチングはこれが多い)主部材と補助部材を電力を使って圧着していく溶接式が誕生し同時に生産メーカーも増えました。現在はほとんどが溶接式になっています。網目も道路なら問題ないのですが、歩行者が多い場所は、普通目(粗目)と呼ばれる一般的な隙間だとヒールやベビーカーの車輪がちょうど隙間に入ってしまうため細目と呼ばれる細かいピッチのグレーチングというのも開発され使い分けされているようです。

 

仕上の種類もいくつかありますが主はめっきになります。メインはご存じ溶融亜鉛めっき、かなりの確率で見るものは大体これになると思います。他にもリン酸処理により光沢を落とす処理をしたり、ZAMのような亜鉛、アルミ・マグネシウムの合金メッキで耐性を強くしたりも可能。形状の種類はみぞぶた用、U字溝用、ボルト固定用、開閉用などがあります。機能も跳ね上がらないようにしたり、盗難防止があったり、水はけがさらに良くなる工夫をされているもの、雪が解けやすいものなど年々進化しています。

 

グレーチングのよいところは水はけの面はさることながら、目的別のラインナップの豊富さ、耐候性の強さ、加工のしやすさ、などがあげられます。価格も安価であることから各ほとんどの現場に採用され続けている。現在では大判のグレーチングをスクリーン状にし、ルーバーの代わりや、腰壁、フェンスの代わりに使用したりとデザインにも一役かっている優れもの。

グレーチングで腰壁手摺

グレーチングで腰壁手摺


 

rewrite 2022/04/27


  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2022 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.