金物屋スタッフブログ

製作金物屋(かなものや)のホーム > ブログ > カテゴリー 'その他'

◆クロメート処理 とは

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・制作金物の柘進工業

 

こんにちは、柘進工業です。めっきについては様々なめっきがあるのですが今回はクロメート処理について。設備機器の装飾などに使うクロムめっきとは違うのでご注意を!!。クロメート処理とは亜鉛めっきに付加させる処理の一つで見た目、耐食性ともに向上させる目的の為行われるもの。処理方法は液に漬け込むもの。

 

一口にクロメート処理といっても様々あり出来るだけわかりやすく分類したいと思います。クロメートというとまずは大きく2つに分けられます。

六価クロメート 耐食性は優れるが有毒の六価クロムを含む

三価クロメート 耐食性はやや劣るが六価クロムを含まない

その下に紐づいて下記の種類があります。

 

・ユニクロ(六価) キラキラしてる

・有色クロメート(六価) タマムシ色、黄色っぽい

・黒クロメート(六価) 黒

・白クロメート(三価) ユニクロに近しいキラキラ、またはタマムシ色や黄色も可能

・黒三価クロメート(三価) 黒

 

このように仕上がり色によって処理の仕方が変わってくるのがクロメート。「ユニクロの色がいいが六価クロムを含むので、近しい色の白クロメート(三価)を選ぶことにした。」のような選び方になります。

 

クロメート処理

クロメート処理

 

【関係記事】

リン酸処理(パーカライジング) とは

色金(いろがね)と大根の関係

スパングルとは

建築金物用語 調べてみました! ドブメッキ


◆SECCとSGCC

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・制作金物の柘進工業

 

こんにちは、本日は亜鉛めっき鋼板の種類のSECCSGCCについてのお話。初めて聞いた僕は、名前を聞くだけで「え、どっち??」ってなり紛らわしく、まず覚えられなかった。さらに、この二つを説明するにはそのベースになる鋼板も紹介しなければいけない。とっても紛らわしいのですがSPCCという基本的な鉄素材がある。(Steel Plate Cold Commercial)の略で冷間圧延鋼板という種類の一般的な鉄鋼板。この板がベースになり下記のSECCとSGCCの加工に分かれる。

 

SECCとは電気亜鉛めっき(Steel Electrolytic Cold Commercial)の略でボンデ鋼板とも呼ばれる。基本のSPCCに電気亜鉛めっきをかけ、さらにリン酸塩処理をしSECCにする。特徴はめっき層が薄く、加工や塗装しやすいものの耐食性はSGCCより劣る。スパングルはない。化成処理が必要。

 

SGCCとは溶融亜鉛めっき(Steel Galvanized Cold Commercial)の略でトタンとも呼ばれる。基本のSPCCをめっき漕に入れて亜鉛めっき加工をしたもの。特徴は耐食性が非常に高いこと。スパングルが出ることがある。ちなみに屋根や外壁などに使われるガルバリウム鋼板はこのめっき漕にアルミ、シリコンを添加したもので、SGCCよりも酸、アルカリに強く外部建材に適した素材になっている。

 

ちなみにベースのSPCCは、想像できる通りもあり、SPHCと呼ばれる鋼板は熱間圧延鋼板で(Steel Plate Hot Commercial)の略で酸化被膜に覆われるため、見た目から黒皮と呼ばれている。

 

 

SECCとSGCC

SECCとSGCC

 

【関係記事】

建築金物用語 調べてみました! ドブメッキ

◆世界情勢と金物価格

建築金物・製作金物の柘進工業
建築金物・制作金物の柘進工業

近年金物業界は材料価格が毎年上昇傾向で困った状態が続いていたのですが、2022年2月末から2022年4月中現在まで、世界が揺れ動いている事案が東欧で起きています。この事案は世界的に見ても金属の埋蔵量が多い国が当事者であることから、輸出量も相当、自国からの輸出制限、諸国からの経済制裁の影響で、以前より金属の入手が困難になってきています。この状況は金物屋として手放しでは見ていられないのでニュースに対してかなり敏感になっているのが現状。

扱っているものが、アルミニウム、ニッケル、パラジウム、プラチナ、鉄

特に金物屋に影響が大きいのがコチラ。

アルミ 2ヶ月前から30%

鉄 2年前から50%

ニッケル 2ヶ月前から30%

これは金物屋にとっても、建築業界にとっても重要な金属で、合金のステンレスにも直結します。材料屋さんからは値上がり通達が頻繁になり、見積期限は通常1ケ月のところ1週間!!!早めの手配をかけないと納期に間に合わなくなることにもなりそうです。大規模な建築物になると計画~見積~確定~着工~完成まで数年なんていうことはざら、この値上がり方は最初の見積もりなんて何もあてにできないという事になります。これは異常事態、いったいいつまでこの高騰状態が続くのでしょうか。

しかもこのまま続くと埋蔵資源豊富なアジアの大国からの輸入が増えてくる可能性が出てくるので、世界のバランスも変わってきそうな雰囲気があります。各国の埋蔵資源に頼らなくてはならない日本からみると、かなり影響の大きい事柄が起こっているのがわかります、決して対岸の火事ではありません。

 

追記:電力価格の高騰で西欧の精錬工場が営業停止している流れから亜鉛も価格が上昇している模様。より金物屋にとって痛い状況になってきています。

◆ヒューム(フューム)とは

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・制作金物の柘進工業

 

今回は溶接の際に生じるヒューム(フューム)についてです。金物を溶接し、扱ってく上で避けて通れないヒューム。知ることで正しく向き合い安全に溶接を行うことが出来ると思います。

fume
ラテン語で蒸気、煙の意ヒューム(フューム)は金属の気体ではなく、固体微粒子(マンガン等)からなる煙。物質の加熱や昇華によって生じる粉塵、煙霧、揮発性粒子。サイズは1 µm以下のものが多い。金物を溶接する際に生じる有害物質で、それを人体が吸入してしまうと、神経障害及び健康障害人に対する発がん性呼吸器系障害を起こす可能性があります。

 

令和3年4月1日溶接ヒュームが特定化学物質に追加されて、法が改正されました。継続して屋内作業場で溶接作業を行う場合、特定化学物質の作業環境測定と除去装置の設置義務が出来ました。防塵マスクはもちろんのこと、全体換気装置、もしくは局所排気装置を必ず取付け、ひと月を超えないようなスパンで損傷、異常がないかの点検が必要になってきます。それを行うことで安全に作業を遂行できるようになります。

 

これは連続して溶接作業をする屋内作業場が対象なのですが、正しく恐れ、取り扱うことで安全に溶接金物、製作金物業務を行っていきたいと思います。

 

【関係記事】

建築金物用語の基礎知識 アーク溶接

スパッタとは

溶接ビードとは

ブローホール・ピット とは

素人がTIG溶接(ティグようせつ)を解説

◆ミーリング加工とは

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・制作金物の柘進工業

 

ミーリングとは、フライス盤などを使い、金属を回転する複数の刃で切削する加工の事

さて、今日はミーリング加工についてです。聞きなれない言葉ですよね、私は全く分かりませんでした。別名ミリング加工フライス加工切削加工など呼ばれます。この加工は回転する工具を押し当て、金物を切削していく加工です。穴を掘ったり、くりぬいたり、平らに削ったり、R型に削ったり、のこぎり引きをしたり等の加工ができます。よく見るものは、タラップなどの丸パイプ同士を組み合わせるために、削ることが多いです。

 

わかりやすく加工箇所に色を付けてみました。薄いものよりもる程度厚みのあるものに使用することが多い加工方法です。様々な歯でいろんな加工ができるのでとても重宝されます。

ミーリング加工

ミーリング加工

 

【関係記事】

タレパン加工とは(タレットパンチプレス)

ローレット加工とは

シャーリング加工とは

◆都心に新設「区立芝浜小学校」

建築金物・製作金物の柘進工業
建築金物・制作金物の柘進工業
shibhama

商業施設、タワーマンションの中に地上9階建の新設小学校

 

こんにちは。今日は、先日完成し弊社が金物屋として製品を製作、お納めさせていただいた新設小学校「区立芝浜小学校」を紹介。場所は東京都港区芝浦、都心のど真ん中です。現在タワーマンション開発が続くこの地域、児童数がここ10年で倍以上に急増し、同地域で26年ぶりの計画となりました。地上9階、地下1階のビル型小学校、校庭も温水プールも完備です。


yahooニュースに掲載されたのでまず速報でご紹介!!後日施工例写真アップします。

「都心ならでは」の小学校完成…校庭9階・体育館7階・温水プール6階(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

商業施設、タワーマンションが立ち並ぶ都心に、地上9階建の新設小学校が完成

◆チャンネルとアングル

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

今日はこんな二つのワードのお話です。

「チャンネル」とは【溝形鋼(みぞがたこう)】

「アングル」とは【山型鋼(やまがたこう)】

 

「チャンネル」と聞くと、もちろんTVの局を割り当てているもので、絶対権力で親にチャンネル権があったり、おこぼれが流れてきても、見たい番組が違ったら兄弟げんかが勃発したり。。。ですよね。

 

「アングル」は撮影が趣味の方が、こだわって様々な角度で先進的なものをやっているなぁって印象。私も建物の絵を描いていたので「アングルは大事!」と教わりました。お客様に伝わる印象が全く違うんですよね。。。


でも実は、この二つのワード、↑の意味とは製作金物屋さんでいうと全く違う意味のものになります


「チャンネル」はコの字とか、[の字とか、Cの字とかいろいろありますが、どれも安定した強固な鋼材です。二つの部材に挟まれて溝がある為そういわれます。なのでこの部材にデッキを載せたり、天井部材を張ったり、と頼りがいのあるものばかり。C型鋼はシーチャンと呼ばれたりします。


つぎに「アングル」はL型鋼、L型アングルなど言われます。等辺のものも、不等辺のものもあり、比較的軽量かつ強固であることから、手すりや、固定用のブラケットに使用したりします。


ほら全然違うものですよね。これにプレートを付けたり、穴をあけたり、溶接したりして様々な用途に使います。この二つの鋼材、混同しやすいものなので覚えるのに手間取りました。図面を描いていても毎回出てきて、サイズも様々。これからも新人金物マン達を惑わせることでしょう。しっかり覚えて使っていこうと思います。

今回はチャンネルとアングルのお話でした。

 

【関係記事】

製作金物とは、建築金物とは

ルーバーとは メリット デメリット

いよいよ開始! 建築金物用語 「マリオン」って?

続きまして 建築金物 用語調べました!「チャンバー」

グレーチング とは

建築用語集 タラップ ステンレス

キャットウォークの由来

◆銅の微量金属作用とは

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

今日も合金のお話。我が国日本で硬貨は下記の合金(一部素金あり)が使われています。

アルミニウム 1円 アルミニウム100%

黄銅(おうどう)5円 +亜鉛

青銅(せいどう)10円 +錫(すず)

白銅(はくどう)50円、100円 +ニッケル

洋白(ようはく)500円 +亜鉛+ニッケル


上記を見るとわかるようにほとんどが由来のもの。ではなぜ硬貨になぜ銅を使うのか。それは、もちろん、コストがかかりすぎないこと。ただコストの他にも、大きな理由があるそう。それは、、、雑菌の活動を抑える微量金属作用により不特定多数が触る硬貨だからこそ抗菌作用を期待してだそうです。

 

銅はそんなに抗菌性が高いものなの??

そういわれてみると、、、

 

銅の入れ物に入った水は腐らないとか、

花瓶に10円玉、5円玉を入れると花が長持ちするとか、

銅の洗面器は目に良い、眼病が治るとか、

ホテルのドアノブは銅由来のものが多いですし

ヨーロッパの水道管も銅製のものがほとんどらしい。

しかもかなり年月は経っているだろう。

 

では他の金属は、、、と考えますが、銀も37℃(体温程度)で抗菌性能が認められているが銅は常温で効果がある。鉄由来のものの鋼鉄や、ステンレスはほとんど抗菌作用はないとのこと。非鉄金属の方が効果こそ認められるものの、他の金属と比べて銅の抗菌効果は断トツ。

 

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスに対しても、食中毒の原因になるノロウイルス、O-157、黄色ブドウ球菌や大腸菌等々に効果が発揮されている!!なので、銅製品はもっと使用されていいはず。


なので銅の食器等を使えば雑菌がわかないのでは、となるのですが実際はあまり見かけません。これには日本の食品衛生法で食品が接する部分は銅にめっきすることと義務付けられているためだそうです。ただ、これは過去に緑青が毒だと信じられていた頃の名残が原因の一つだといいます。


ちなみに緑青(ろくしょう)は長年猛毒だと信じられてきましたが、1980年代には厚生労働省(当時厚生省)が無害に等しいと発表しています。


このようなことを考えていくと、銅はもっと使用され見直されてよいものだと感じるようになりました。人に接するものであればどんどん採用してよいように思うのですが、いかがでしたでしょうか。少なくとも私はこの時代だからこそ銅製のものを気に留めることが多くなると思います。


今回は銅のありがたみを感じるお話でした。

 

【関係記事】

真鍮(しんちゅう)とはどんな金属?

色金(いろがね)と大根の関係

◆色金(いろがね)と大根の関係

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

今回は合金の種類を調べていた際に気になったものをご紹介。伝統的な合金色集めてみました。下記は色金(いろがね)と呼ばれていて、主に美術品、芸術品に使われる合金。江戸時代以前から日本で発展した独自の技法で元の地金からはだいぶ色が変わるのでびっくり、変わり方はリトマス試験紙くらいの変化です。(個人の主観ですが)


赤銅(しゃくどう)青紫がかった黒 銅+金(3%)

烏金(うきん)青みがかった黒 銅+金(5%)

紫金(しきん)紫がかった黒 銅+金(8%)

四分一(しぶいち)灰色 銅+銀(25%)

 

などなど銅を中心とした合金が様々。上記は煮色仕上げというやり方で発色させるもので、100℃ほどの薬液に漬け、薄い錆の膜を貼らせ着色するのがこの伝統技法。この薬液は緑青(ろくしょう)、硫酸銅、ミョウバンを加えた水で、これを沸騰させる。温度を上げて漬け込むやり方はめっきと似ているようですが、温度が低すぎます。さらにこの技法には薬液で煮込む前に不思議な作業、特徴があり私はここに興味を持ちました。

 

な・ん・と・それは、大根おろしに漬ける????

 

たしか大根には消化酵素(ジアスターゼ)があり一緒に炊くと柔らかくなるとか、、胸やけが起きづらくなるとか・・・いや、いやこれは料理の話で、私の調べていたものは工業的な話。ちょっと意味わからないです。ここからGoogle先生を質問攻めに。。。そうすると出てくる出てくる。

 

大根をこすりつけるとか、

おろし汁をぬるとか、

大根おろしに漬けこみ、、

大根情報満載。

これを行うことでムラなく着色できるとのこと。しかし、科学的根拠がない、、とかが多すぎる。

 

どこにもその理由がないんです。通過儀礼?おまじない?いやいや、そんなものあり得ないと思っているので調べまくりました。そこでやっと出てきた文献(日本金属学会誌第69巻第12号)

東京芸術大学大学院美術研究科 北田正弘さんの実験

「伝統技法で着色したCu-4mass%Au合金(赤銅:しゃくどう)の着色層における微細構造と物理的性質」によると

 

”大根を使って洗浄をしたが、中性洗剤でも同様の効果があり表面活性剤的な使い方であると考えられる。”とのこと

 

表面活性剤、界面活性剤は表面張力をなくす効果があるので確かにムラはできにくくなり、均一に薬液が行き渡りそうです。

しかし、それを大根おろしに漬けることで、この効果があるであろうとやり続けた伝統技法、、先人はすごいですね。やり方を見つけたきっかけが知りたい。天才なの??

 

今回は色金(いろがね)と大根のお話でした。

煮色仕上の色変化イメージ

 

 

 

【関係記事】

銅の微量金属作用とは

真鍮(しんちゅう)とはどんな金属?

◆アルポリック(ALPOLIC)とは

建築金物・製作金物の柘進工業
建築金物・製作金物の柘進工業

アルポリックとは三菱ケミカルインフラテックさんが提供するアルミ樹脂複合板の事をそういいます。基本情報ですが面材はアルミだけでなく他にも、ステンレス、チタン、ガルバリウム鋼板、スチール等様々な金属面を取り扱っている商品。

建築には外部に見えてくる仕上げ材が多数あり、その中で弊社が良く扱うもので金属パネルがあります。シャープで締まった印象を持たれ、洗練されたデザインの建物によく使われます。大判のものが好まれ、継ぎ目が少なく、できるだけシームレスなデザインを求められるのが特徴です。


これを実現するためには、かなり大きな工場を持ち、大型設備を備えてないと製作は難しく、大判の為、製品精度を要求されるものです。製品自体もかなり重くなり製作、施工ともに技術の高さが求められるもの。さらに色に関してもムラを出さないよう細心の注意を払って製作していきます。でも実際にはなかなか難しい技術なのです。


このようなリスクを減らし、同じデザインの提案できる金属パネルがアルポリックのようなアルミ樹脂複合板という素材樹脂系のポリエチレンを主とする芯材を挟み、表面の両面材は各種金属パネルを選ぶことが出来、厚み、仕上も選択出来るもの。樹脂芯材で軽くて剛性が高く、平滑で色むらがなく、加工がしやすいので金属パネルのデメリットを見事にカバーした仕上げ材。デザインの幅を広げてくれるものとして重宝しております。下地材は樹脂を使用していますが不燃認定も取れているので安心の材料でもあります。このような特徴を持っているアルミ複合板なので様々な用途に使用されます。例えば看板であったりが外壁に使う外装材であったり、天井材にも使用できますし、仕上に塗装も可能です。


今回はアルポリックパネルの紹介でした。


ちなみに弊社の施工例はこちら

 

【関係記事】

素人がZAM(ザム)材を理解してみる

  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2022 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.