金物屋スタッフブログ

金物屋(かなものや)のホーム > ブログ > カテゴリー 'スタッフブログ'

◆ローバル

ローバル株式会社の商品名。

常温亜鉛めっきの塗布剤

 

溶融亜鉛めっきが取れた、剥がれた等の状態の際に

再度溶融槽に入れられない設置済みのものや

大きいものなどに塗布し保護層を作れるもの。

 

仕事場でよく登場するワードの一つです。

◆リン酸ってどんなもの

こんにちは、柘進工業のキヨです。

柘進工業のキヨです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の長雨、台風と天候が崩れてしまいがちなこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

枕草子では、「秋は夕暮れ」が良いとされています。暑さもだいぶ落ち着き

過ごしやすい日々を送らせていただいてますが、あまり天候が良くないので

折角の夕暮れを楽しむことが出来てないのが残念です。日本の景色や風情は

わびやさびなどが感じられ心に響くものが良しとされているものが多いですよね。

 

さて、製作金物屋の業界で高級感、重厚感、渋さが爆あがる大人気の仕上げがあるのをご存じでしょうか。

めっきと言えばキラキラ、ピカピカしていて、以前紹介した溶融亜鉛めっき等はなじむというよりも

いかにも工業的で目立つものが多いのですが、本日ご紹介するものは

 

「リン酸、リン酸処理」と呼ばれるもの。正しくはリン酸塩皮膜処理

こちらは淡いグレーから濃いグレーまで色味があり

重厚感、自然石のような風合いが非常に美しく

手摺やパネル、庇、ルーバーなど様々な部位に

仕上げ材として重宝されている、大人気の処理になります。

 

施工例 庇

 

施工例 手すり

 

施工例 扉

 

歴史は古く、古代エジプトではすでに行われていて、19世紀のピラミッド発掘の際に

リン酸処理された鉄片が出土している。これをもとにイギリスのパーカー兄弟によって

製品化され工業製作が可能になったそう。

 

その技術を利用し、元々は自動車の車体下地に使われ、錆止め効果として長く使われていた

ものでしたが見た目に高級感があり美しいとのことで見直され現在に至っています。

下地には鉄、その上に溶融亜鉛めっきが施され、さらにリン酸処理(パーカーライジング)

を行うと、うっすらスパングルが出て、自然で落ち着いた独特の色合いが現われる。

 

新品であるのにエイジング処理されているように見えることで、ムラ感、色味ともに

非常に重宝されるものとなったのもわかります。自然石や木材、「わびさび」や

「いぶし銀」のような仕上げに非常に相性が良いので「和の雰囲気」にも合うんでしょうね。

 

秋の虫の声、風の音を聞きながら街中のリン酸処理

金物を探して夕暮れを帰りたいと思います。

今日はリン酸処理についてでした。


◆建築現場には生き物がいっぱい3 (鳥編、魚編)

こんにちは柘進工業のキヨです。

 

 

第1弾で建築用語(動物編)

第2弾で建築用語(虫編)をご紹介しました。

よろしかったらこちらもどうぞ。

 

実はまだまだ生き物存在します。

一般的に聞くものも、使ったこともあるかも

しれないものもあるかもしれません。

 

今回は第3弾として建築用語(鳥編、魚編)をご紹介します!

それでは、どうぞ!!

 

 

 

 

鳥編 鳶(トビ) 鳶職(とびしょく) 高所で作業する職人さん
鴨(カモ) 鴨居(かもい) 引き戸の上部レール
雁(ガン) 雁行(がんこう) 斜めに並ぶ様子、群れでV字で飛ぶ様子から。
鳩(ハト) 鳩小屋(はとごや)

ビルなどの屋上に配置する、設備配管等の

雨仕舞の為の小屋

鶴(ツル) ツルハシ

かたい地面などを手作業で掘削する道具。

鶴のくちばしのようであることから。

 

どんな鳥なのか想像できました?

鳩小屋に関しては学生時代に初めてその名を見て

結構いろんな人がまだ鳩を飼っているんだなぁって

変に納得してたのに。。。

 

真相を聞いて恥ずかしさのあまり爆笑したことを思い出しました。

 

続いては!!!

 

 

 

 

魚編 鮟鱇(アンコウ) アンコウ 軒樋と竪樋の集水接合部。呼び樋。
蛸(タコ) タコ

手作業で地面を固めたり、杭を打つための

2、3本持ち手がある大型の槌のような道具

蝦(エビ) 蝦束(エビヅカ)

床の間の脇に設ける、違い棚の上段と下段を

つなげる部材。

海鼠(ナマコ) なまこ壁

土蔵の腰壁に使われる仕上。平瓦をかまぼこ状の

漆喰で押さえるもの。

鯰(ナマズ) 鯰棚(ナマズだな) 平行ではなく片方の面が狭まっていく棚。

 

もう大体は見た目なんですかね。

印象としては底物の魚が多いような気がします。

 

建築現場にいる生物たち、いかがだったでしょうか。その形には理由があり、理にかなっているものばかり。

先人たちが知恵を絞り考えたのだとは思うのですが、、、なぜ名称に生物が多いのは謎です。

 

そういえば、海外の建築用語もまぁまぁ生き物がいるので

今度はそのご紹介でもしようかと思います。

 

 

柘進工業では各種めっき加工の金物も

1点ものの特注金物の製作も取り扱っております。

(受注生産品になります)お電話、HP、メールにて

お気軽にお問合せ下さいませ。

 

◆金物(かなもの)

「かなもの」と読みます。金属製の器具や道具の総称で

刃物、鍋、釜、匙、鎖、金具などがあり用途別で呼び名が変わってきます。

 

それらを扱っているのが金物屋です。

◆スラグ・スラッグ・のろ

溶接時に出てくるかすのようなものが

そういわれます。

◆スパッタ

溶接時(アークやガス等)に飛散する微粒子。

◆ビード

溶接ビードと言い、金属同士を溶接にてつなぎ合わせる際に

発生する溶接痕の盛り上がりの事をそういいます。

◆ブローホール

溶接時に水分、油分、気体、汚れ等が溶接面に残り

ビード表面に出てくる前に凝固することでできる空洞(ホール)。

断裂、破断の原因になり溶接欠陥とされる。

◆素人がZAM(ザム)材を理解してみる

こんにちは、柘進工業のキヨです。

 

柘進工業のキヨです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋口に差し掛かり暑さも残しつつも涼しさを感じる季節になってきました。

この時期は毎年服装に困ってしまいます。薄いままで我慢すると寒い時もあるし、

かといって羽織るのを持ち歩くのも煩わしい。着込みすぎると暑いし、、、

 

実は金物も多くの場合、服(めっき)を着ます。本体を守る理由もあり、

見た目を素敵にする効果もあります。その服をどんなものにしようか、

色は、素材は、価格帯はどう。実はTPOによって変えていった方がいいものがめっき。

 

これまでは溶融亜鉛めっきが主流でしたが少しずつシフトしていっているとのこと。

提案数、採用数が多いのは確かです。

 

ZAMとは日新製鋼が開発した鋼板で

Z(亜鉛) 主要成分

A(アルミニウム) 6%

M(マグネシウム) 3%

のめっき層を持つ商品。


メリット

めっき加工は必要がなくコーティングされている鋼材。

高耐食性めっき鋼板・耐食性は溶融亜鉛めっきとくらべて10~20倍優れている

加工性に優れている(層が硬く、平滑)

シャーリング切り、プレス穴加工してもめっき層の滑り込み、滲みだしがあり自然にカバーされる。

耐食性に強いSUS(ステンレス)と比較して1/2の材料コスト

 

デメリット

・これは溶融亜鉛めっき鋼板もそうですが、経年劣化による剥がれが生じることがあります。

・ZAMがめっきされた状態で溶接するとブローホールが発生し強度不良になる事があるので

はがして溶接をしなければいけなくなり耐食性は落ちます。

 

このように良し悪しを把握したうえで、材料の選択肢を増やしお客様にご提案出来たら、

喜ばれるのではないかと思うので、これからもどんどん学んでいきたいと思います。




◆スパングル

スパングルとは溶融亜鉛めっきなどを施したときに

表面が冷却され、結晶化することによって

鋼板に出る花紋をスパングルという。

 

キラキラした結晶の集まりで、その美しさから、広く好まれてきた

 

spangle

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに洋服などにキラキラした金属片やプラスチック片を

使用するスパンコールは、スパングルが日本語で訛り

そうなったという説。

1 / 512345
  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2021 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.