金物屋スタッフブログ

金物屋のホーム > ブログ > スタッフブログ > ◆めっきの実力

◆めっきの実力

こんにちは、キヨです。

 

 

 

 

 

 

 

 

”めっき”でgoogle先生で検索をすると

こんな説明があったりしますのでご紹介。

 

 

日本語では貴金属(特に金)でめっきした卑金属

(ベースメタル)が、外見ほどの価値を持たない点から、

比喩として、今まで実力があるように見えていた人物が

実はそうではなかったと判明した場合や、重大な失敗を

した場合などに、「めっきがはげた」という表現が

しばしば用いられます。

 

↑↑↑

これは言われたくないですね、、、バレちゃってますもんね

 

関連する類似の表現として、美術品の制作などで、

元はあまり価値のない下地素材に金箔などで装飾を施して

価値のあるものを作ることから生じた比喩として、

経歴の見た目をよくするための行為などを「箔をつける」

と呼ぶことがあります。

 

↑↑↑

これはつけたいです!!

 

印象としては、さほどでもない物を剝がれやすい安物

で良く見せる。とか、そんな印象をもたれがち。

 

でも、実はそうではありません。

持っている力をさらに生かせるような

万能加工なのです。

 

その秘密はこちら

http://www.takushinkogyo.co.jp/blog_staff/930/


柘進工業では各種めっき加工の金物も

1点ものの特注金物の製作も取り扱っております。

(受注生産品になります)お電話、HP、メールにて

お気軽にお問合せ下さいませ。

 

 


  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2021 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.