金物屋スタッフブログ

製作金物屋(かなものや)のホーム > ブログ > スタッフブログ > ◆溶接ビードとは

◆溶接ビードとは

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

溶接ビードと言い、金属同士を溶接にてつなぎ合わせる際に発生する、うろこ状の溶接痕の盛り上がりの事をそういいます。これは溶接面の強化の他に、見た目の美しさを出す目的にも利用され、テクニックも様々だそう、これは職人さんの腕に左右されます。基本的には電流の大きさで変わり、電流が多ければ太く、電流が少なければ細く出来ます(溶接の方法でもこれは変わります)。また、使用用途や仕上方法で、ビードをつぶす、切削するやり方もあります。基本的には接続面を凹凸なくきれいにするのが良いとされていますが、ビードを利用した溶接アートなるものも存在しますし、前述の溶接痕そのものの工業加工的美しさを良しとしたりもします。なので一概につぶしたり、削り取ったりするのが良いとは限らないようです。

welding worker

 

rewrite 2022/03/24

  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2022 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.