金物屋スタッフブログ

製作金物屋(かなものや)のホーム > ブログ > スタッフブログ > ◆ルーバーとは メリット デメリット

◆ルーバーとは メリット デメリット

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

冬に向かって駆け足になってきたこの頃いかがお過ごしでしょうか。本日はルーバーの役割についてお話したいと思います。

 

まず、ルーバーと聞いてピンとくる方は建築を知っている方かと思います。そうではない方に説明すると、ルーバーとは板材や棒材を隙間を開けて並べた目隠し部材で、横方向に並べたものや縦方向に並べたもの。日本のものだと木連れ格子ガラリ戸、鎧戸等があります。完全に締め切るわけではないけど角度やピッチを調整し視界、視線を遮り、ソトとナカの空間を遮ります。それだけでなく通気は保たせているので、生活空間での使用の場合、プライバシーは保ちつつ、外と同じような心地よい空気感を作れる特徴を持つ優れもの、という事になります。


また戸建て、マンション、商業施設等の建物であればエアコンの室外機や給湯器、機械設備など見せた良くない物もたくさんある中で、かなり多用されるのがルーバー施工という方法。さらに素材、デザインも様々なので重宝されています。何か遮りたいけど、壁だと重厚過ぎて重苦しいし、光や風通しも遮ってしまう。ガラスだと見えすぎ。生垣は手入れが大変、、、、そういった場合もルーバーの選択肢は非常に有効です。

 

■見せたくない物をを隠す、仕切る

■騒音を遮る、抑える

■通気を確保できる

■直射日光の光量も調整できる

■雨除け

■デザイン性を上げる


このようなメリットだらけのルーバーですが若干のデメリットもあります。

 

■空気が通るのでほこりが付き、汚れがち

■ぶつけたら凹みがち

■材の本数が多くなるので費用がかかりがち


このようなことを理解しながら採用されるとよいと思います。

本日はなかなか万能な建材、ルーバーのお話でした。

弊社のルーバーデザイン

  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2022 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.