金物屋スタッフブログ

金物屋(かなものや)のホーム > ブログ > カテゴリー '製作金物について'

◆金物の板金と製缶

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

このたび私は、柘進工業の行っている仕事の業種を

「製缶業」と名乗っている、ということを知りました。

その証拠がこちら↓↓↓

 

製缶業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも弊社では鋼板や型鋼を使用し主に建材を

立体的に製作していくのが主な業務です。

ざっくりいうとそういう仕事をしております。

では、缶なんて当然全く触ってもいないのですが、なぜそう言われるのでしょう。

 

これにはなにやら日本人らしい奥ゆかしさというか

揶揄しているというか、そんなものが見え隠れしていました。

実は製缶業は2通り存在します。その名の通り缶詰や

缶ジュース、ヘアスプレー、制汗スプレーなどの生活に

携わる缶を加工していく製缶業。

 

もう一つは鉄板等を曲げ、切断、溶接、穴あけ、

組立などを行い、ガソリンボンベや施設等に入る

大型水槽や装置など、あらゆる缶を製作する事が

金属加工業での製缶業となります。

その二つに共通するところは金属板からの立体的な

容器の形成、水密性、気密性に優れ、強度、

安全性が必要なもの。”鉄板等を曲げ、切断、

溶接などを行い・・・”この行為は金属加工の

技術の錘が網羅されており、これが出来るという事は

金属加工の安全性と信頼性に長けている業者。

なので製缶業を名乗るという事は・・・・

 

”当社は金属加工のプロフェッショナルです!”


という表現になっているのだと感じました。

 

直接言うより製缶業ですって言った方が控えめで当たりが柔らかです。

鼻にもつかないし、、、

もう一つ金物屋でよく聞く仕事でいえば板金加工。では製缶加工と

何が違ってくるの?という疑問が出てくるのですが、実は違うもの。

 

厚みが薄いもの(7mm以下)は板金加工

厚いもの(7mm以上)が製缶加工と区別されています。

本日は少しわかりづらい金物屋の違いについてでした。

◆ルーバーとは メリット デメリット

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

冬に向かって駆け足になってきたこの頃いかがお過ごし

でしょうか。本日はルーバーの役割についてお話したいと思います。

 

弊社のルーバーデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、ルーバーと聞いてピンとくる方は建築を知っている方

だと思います。そうではない方にあえて説明すると、

ルーバーとは隙間を開けて材を並べた目隠し部材で、横方向に並べた

ものや縦方向に並べたもの。日本のものだと木連れ格子

ガラリ戸、鎧戸等があります。完全に締め切るわけではないけど

角度やピッチを調整し視界、視線を遮り、ソトとナカの空間を

遮ります。それだけでなく通気は保たせているので、生活空間

での使用の場合、プライバシーは保ちつつ外と同じような心地

よい空気感を作れる特徴を持つ優れもの、という事になります。


また戸建て、マンション、商業施設等の建物であればエアコンの

室外機や給湯器、機械設備など見せた良くない物もたくさんある中で、

かなり多用されるのがルーバー施工という方法。さらに素材、

デザインも様々なので重宝されています。

何か遮りたいけど、壁だと重厚過ぎて重苦しいし、光や風通しも

遮ってしまう。ガラスだと見えすぎ。生垣は手入れが大変、、、、

そういった場合もルーバーの選択肢は非常に有効です。

 

見せたくない物をを隠す、仕切る

騒音を遮る、抑える

通気を確保できる

直射日光の光量も調整できる

雨除け

デザイン性を上げる


このようなメリットだらけのルーバーですが

若干のデメリットもあります。

 

空気が通るのでほこりが付き、汚れがち

ぶつけたら凹みがち

材の本数が多くなるので費用がかかりがち


このようなことを理解しながら採用されるとよいと思います。

本日はなかなか万能な建材、ルーバーのお話でした。

◆ストリンガーできれいに整列

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

もうさすがに半袖の季節ではなくなり

衣替えを意識し始めるこの頃です。

ただ、、、おっくうで、まだやれてはいないんですが。

 

今回は社内でしばしば聞こえる気になる金物名シリーズ。

そのワードは「ストリンガー」


そもそもストリンガーというワードはもともと知っていて、

とはいっても製作金物の世界の言葉ではなく、魚釣り用語。

釣った魚を生かして捕まえておく道具なんです。

ロープに何個も大きめなクリップが付いていて

魚のあごに通しておくんです。釣れた!!って感じが

周りにアピールできてかっこいいんですよね。

stringer01-

 

 

 

 

 

 

こんなやつです

ついこっちを想像してしまうのですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は当然それではなく、、、

ルーバー関連部材だそうです。

ルーバーは均等の間隔に整列して施工される

機能と見た目が伴っている格子状の金物の一つ。

 

そのルーバー、職人さんの調整できれいに並べていくのは

とても大変な作業になってきますので、サポート部材が

とても便利で役に立つんです。それが金物業界の

「ストリンガー」英【stringer】。

 

stringer02-

 

 

 

 

 

 

 

このような金物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この通りに同じピッチの刻み部分に、外装ルーバーや、内装ルーバーを

落とし込んでいくと均等に並べられるとても便利なもの。

アルミに関わらず鉄や他の材料のものもあり、

当然ピッチが変われば刻みの幅も変えて作ります。

土木だと橋桁という意味が強いのですが、金物の世界だと

別の意味になります。

 

これでまた金物屋としての知識が増えました!

◆真鍮(しんちゅう)とはどんな金属?

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

建築金物屋では様々な金属を扱います。それぞれの特性を

考え、建築資材として納めていくのですが、その中で真鍮

(しんちゅう)ってご存じですか?製作金物はもちろん、

建築、装飾の世界でも多く使われている金属の一つ。

その金属を今回は紹介します。

 

真鍮(しんちゅう)とは銅と亜鉛を混ぜた合金で、亜鉛が20%以上のものを言い、

別名黄銅(こうどう、おうどう)と呼ばれている非常に

美しい金属。亜鉛の含有量が少なければ赤みが強くなり、

逆に亜鉛が多ければ黄色みが強く、硬くなる性質があります。

皆様が知っているもので「5円玉」はまさにそれですね。

 

日本では仏具にも多く使われています。

また吹奏楽の方々が使われる金管楽器はブラス(brass)とよばれ

これも真鍮でできています。金管楽団をブラスバンドなんて言いますよね。

 

そんな真鍮が世の中に広まった理由はいくつかあります。

その理由として

 

金色に輝いているのに金よりも安価なこと。

加工がしやすいので様々なシーンで使いやすいこと。

金属自体に殺菌作用があること。

経年変化が美しいこと

 

古くは紀元前後の古代ローマ時代から作られてきていて、とても歴史の古い合金。

経年変化があり成長を楽しめる金属なので、インテリアや調度品にも使われ、

家具や家と共に大事にされてきた。さびや緑青(ろくしょう)が出ることもまた

風合いを楽しむことが出来て良いとされているが、もちろんいつまでも

ピカピカのきれいな金色を保つことだってできます。

 

製作金物、建築金物屋の世界では主に金属パネルとして登場することが多く、

壁面や天井面の仕上パネル、寺社仏閣に使われる金物に多く使われます。

無垢だけでなく、槌目やヘアラインなどの加工装飾も付きやすいので

非常に美しい仕上がりになります。建築金物としても、設備系は配管、

ナット、建具系は蝶番、釘、フック、ドアノブに使われたりします。

金物屋としては、昔からとてもなじみのある素材の一つです

 

本日は真鍮(しんちゅう)の紹介でした。

◆ローレット加工

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

社内で仕事をしていると様々な言葉(主に専門用語)が飛び交う。

金物素人の私にとってはたいてい初耳のもの。

その中で最近気になっていたもの・・・

 

それが今回の、ローレット加工。

「このステップにローレット付けられるかなぁ」

そんな言葉が聞こえ何だろうと検索。

 

ローレット加工とは金属に細かい凹凸を付ける加工で、

滑り止めに利用できるので、あらゆるシーンで見かける

とてもなじみ深いもの。・・・らしいです。

ローレットとは仏語で”roulette” 小さな輪の意

が語源とのこと。スペルはカジノのルーレットと同じ。

 

↑↑↑

イマイチ説明だと分かりづらい。

こんなのばかりが金物業界だなと

思い始めております。勉強しなければ!

 

でも、写真を見ると一目でそれだとわかりました。

それがこれ。

 

 

 

 

 

「平目ローレット」

平行線の模様が入ります。

 

 

 

 

ライターの火花を飛ばす車輪の部分だったり

精密ドライバーの持ち手の部分だったり

に使われてますね。

 

 

 

 

 

「綾目ローレット」

網目状に交差する模様が入ります。

 

 

 

 

ダンベルのシャフトや

懐中電灯の持ち手の部分で

使われています。

 

 

 

使用例が完全な男子脳で・・・

女子はわからないですねきっと。

 

身の回りで分かりやすいのないかなと

あたりを探したら見付けました。

 

わたしの製図用シャーペン

 

 

 

 

 

 

 

 

ノックする部分も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップの部分も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりローレットしてました。

 

 

なお、ローレット加工に

切削加工(その名の通り削る加工)と

転造加工(型を押し付ける加工)があり

用途によってプロの製作金物屋が判断し

素材やコストを考え加工を行っていくそうです。


◆タレパン加工

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

9月も終盤に入り秋分が過ぎました、これからの1ケ月は

冬になる様子が1日ずつ、日を追うごとに変化していきます。

対応あわただしいですが頑張っていきましょう。

 

はい、今回はなんだこれ??と思う用語シリーズです。

タイトルにもあるように”タレパン”・・・なんだこれです。

以前一世を風靡した某ゆるゆるのキャラクターがまず出てきてしまいます。

ありましたよね、こんなのたしか好物がすあまで

tarepanda

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こう、だれーーーんとした溶けた餅みたいな、ぱんだみたいな・・・

もちろんこれではないようです。

 

実はタレパン加工とは、機械によって金属板に穴を打ち抜く加工で、

タレットパンチプレス(turret punch press)加工の略。

 

タレットと呼ばれる円柱状もしくは扇状のホルダに

複数の歯をつけることが出来、加工する形状に合わせ

ホルダを回転させ歯を替えて板金を打ち抜くので、

複数の成型加工を同じ板上で連続で行うことが出来るもの。

タレットと板を各々素早く動かし、任意の型で打ち抜いていきます。

 

これによって今まで熟練の加工技術者でしかできなかったことが

プログラム制御により正確に素早く加工ができるように

なっています。また専用の型がなくても二ブリング加工という、

型を組み合わせての追い抜き加工もできるため、ある程度の

自由度もある、優れた加工方法。

 

ゆるキャラとはかけ離れた結構優れものの加工技術のようで

これはもう逆に、略し方に問題があると思います。

50年の歴史があり工業技術の自動化にいち早く着手している

タレパン加工。今後もさらなる進化が期待できそうです。

 

名前からはまったく想像がつかない物でしたよ。

 

また、最近はレーザーと併用しており、より効率化できているようです。

本日はタレパン加工についてでした。


◆ローバル

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

ローバル株式会社の商品名。

常温亜鉛めっきの塗布剤

 

溶融亜鉛めっきが取れた、剥がれた等の状態の際に

再度溶融槽に入れられない設置済みのものや

大きいものなどに塗布し保護層を作れるもの。

 

同等品でZ.R.Cという常温亜鉛めっきもある。

 

仕事場でよく登場するワードの一つです。

◆りん酸処理ってどんなもの

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

秋の長雨、台風と天候が崩れてしまいがちなこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

枕草子では、「秋は夕暮れ」が良いとされています。暑さもだいぶ落ち着き

過ごしやすい日々を送らせていただいてますが、あまり天候が良くないので

折角の夕暮れを楽しむことが出来てないのが残念です。日本の景色や風情は

わびやさびなどが感じられ心に響くものが良しとされているものが多いですよね。

 

さて、製作金物屋の業界で高級感、重厚感、渋さが爆あがる大人気の仕上げがあるのをご存じでしょうか。

めっきと言えばキラキラ、ピカピカしていて、以前紹介した溶融亜鉛めっき等はなじむというよりも

いかにも工業的で目立つものが多いのですが、本日ご紹介するものは

 

「りん酸、りん酸処理」と呼ばれるもの。正しくはりん酸塩皮膜処理

こちらは淡いグレーから濃いグレーまで色味があり

重厚感、自然石のような風合いが非常に美しく

手摺やパネル、庇、ルーバーなど様々な部位に

塗装ではない仕上げ材として重宝されている、大人気の処理になります。

 

施工例 庇

 

施工例 手すり

 

施工例 扉

 

歴史は古く、古代エジプトではすでに行われていて、19世紀のピラミッド発掘の際に

りん酸処理された鉄片が出土している。これをもとにイギリスのパーカー兄弟によって

製品化され工業製作が可能になったそう。

 

その技術を利用し、元々は自動車の車体下地に使われ、錆止め効果として長く使われていた

方法でしたが見た目に高級感があり美しいとのことで見直され現在に至っています。

下地には鉄、その上に溶融亜鉛めっきが施され、さらにリン酸処理(パーカーライジング)

の処理液に漬け込みを行うと、うっすら表面にスパングルが浮き出て、自然で落ち着いた独特の色合いが現われる。

 

新品であるのにエイジング処理されているように見えることで、ムラ感、色味ともに

非常に重宝されるものとなったのもわかります。自然石や木材、「わびさび」や

「いぶし銀」のような仕上げに非常に相性が良いので「和の雰囲気」にも合うんでしょうね。

 

秋の虫の声、風の音を聞きながら街中のりん酸亜鉛

処理の金物を探して夕暮れを帰りたいと思います。

今日はりん酸塩処理についてでした。


◆建築現場には生き物がいっぱい3 (鳥編、魚編)

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

第1弾で建築用語(動物編)

第2弾で建築用語(虫編)をご紹介しました。

よろしかったらこちらもどうぞ。

 

実はまだまだ生き物存在します。

一般的に聞くものも、使ったこともあるかも

しれないものもあるかもしれません。

 

今回は第3弾として建築用語(鳥編、魚編)をご紹介します!

それでは、どうぞ!!

 

 

 

 

鳥編 鳶(トビ) 鳶職(とびしょく) 高所で作業する職人さん
鴨(カモ) 鴨居(かもい) 引き戸の上部レール
雁(ガン) 雁行(がんこう) 斜めに並ぶ様子、群れでV字で飛ぶ様子から。
鳩(ハト) 鳩小屋(はとごや)

ビルなどの屋上に配置する、設備配管等の

雨仕舞の為の小屋

鶴(ツル) ツルハシ

かたい地面などを手作業で掘削する道具。

鶴のくちばしのようであることから。

 

どんな鳥なのか想像できました?

鳩小屋に関しては学生時代に初めてその名を見て

結構いろんな人がまだ鳩を飼っているんだなぁって

変に納得してたのに。。。

 

真相を聞いて恥ずかしさのあまり爆笑したことを思い出しました。

 

続いては!!!

 

 

 

 

魚編 鮟鱇(アンコウ) アンコウ 軒樋と竪樋の集水接合部。呼び樋。
蛸(タコ) タコ

手作業で地面を固めたり、杭を打つための

2、3本持ち手がある大型の槌のような道具

蝦(エビ) 蝦束(エビヅカ)

床の間の脇に設ける、違い棚の上段と下段を

つなげる部材。

海鼠(ナマコ) なまこ壁

土蔵の腰壁に使われる仕上。平瓦をかまぼこ状の

漆喰で押さえるもの。

鯰(ナマズ) 鯰棚(ナマズだな) 平行ではなく片方の面が狭まっていく棚。

 

もう大体は見た目なんですかね。

印象としては底物の魚が多いような気がします。

 

建築現場にいる生物たち、いかがだったでしょうか。その形には理由があり、理にかなっているものばかり。

先人たちが知恵を絞り考えたのだとは思うのですが、、、なぜ名称に生物が多いのは謎です。

 

そういえば、海外の建築用語もまぁまぁ生き物がいるので

今度はそのご紹介でもしようかと思います。

 

 

柘進工業では各種めっき加工の金物も

1点ものの特注金物の製作も取り扱っております。

(受注生産品になります)お電話、HP、メールにて

お気軽にお問合せ下さいませ。

◆金物(かなもの)

 

建築金物・製作金物の柘進工業

建築金物・製作金物の柘進工業

 

 

 

 

 

 

「かなもの」と読みます。金属製の器具や道具の総称で

刃物、鍋、釜、匙、鎖、金具などがあり用途別で呼び名が変わってきます。

 

それらを扱っているのが金物屋です。

1 / 41234
  • 協力業者様募集
  • 海外製品取扱店募集

柘進工業株式会社
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-7-11
ワコーレ鎌ヶ谷2号館20号室

WEBから問い合わせる

  • 求人募集
  • 協力業者様募集
  • QRコード
Copyright © 2021 TAKUSHIN-KOGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.